一生涯持てる結婚指輪を見つけるために知っておきたい情報

結婚指輪の種類

リングがついた赤ちゃんの足

御祝儀の相場は招待した相手との関係によって変わってきます。
【友人・同僚】大体、”二万円~三万円”です。
【先輩・後輩】少し前は”二万円”くらいが多かったようですが、最近では”三万円”が妥当だと考えられています。
【上司・部下】先輩後輩の関係とは少し違う、上司や部下となると、”五万円”くらいが一般的だと思われます。
ちなみに…。
偶数は、陰奇数は、陽とされ、ご祝儀を包む際にはなるべく”陽”の数字である奇数になるように。
という考え方もあり、例えば「二万円包もう」と考えたときは”一万円札を二枚”ではなく、”一万円札と五千円札を二枚”とされていたりします。
しかし最近ではあまりきにしないという方もいらっしゃるそうです。

香典の相場もご祝儀と同じく年齢や関係によって変わってきます。
【友人・同僚】香典を出すか出さないかはその方との関係によって決めることがあります。
目安としては、”五千円から一万円”とされています。
【社内関係】こちらは年齢によって相場が変わってきます。
<二十代>五千円<三十代>一万円<四十代>一万円<五十代>二万円となります。
【近所】”三千円から五千円”となります。
ただし、こちらも関係によって香典を出すかどうかを決めることが出来るので参考までに、です。
また、社内や市区町村によって決まっていることもありますので、そのような時は指定された金額を包むといいでしょう。
ご祝儀や香典の突然の出費はいつでも考えられることです。
突然包む事があった時のためにも、普段から上記で紹介した相場金額くらいは貯蓄しておくといいでしょう。